大人コミックの無料立ち読みはこちら!

大人コミックの無料立ち読みはこちら!

義弟に奥まで注がれ十月十日は近親相姦モノのエロ漫画です


義弟に奥まで注がれ十月十日

近親相姦モノのアダルトコミックなら、『義弟に奥まで注がれ十月十日』がおすすめ。
義理の弟と毎日中出ししまくる、かなり過激なスマホエロ漫画になっているのが特徴です。

タイトルにある”十月十日”というのは、赤ちゃんが生まれるまでの日数。
もっとも、夫との子どものことじゃなくて。
なんと、義理の弟とのセックスでできる子ども、というのがテーマになっています。

名家の長男に嫁いだ希緒は、夫の異様な家族に戸惑いながらも、幸せな夫婦生活を送っていた。
ただ、一つ残念なことは、2年経っても子供ができる気配がない、ということ。
心配になって病院で検査してみたところ、夫が無精子症だと判明!
「何とか子どもができる方法を考えよう」と言っているところへ、義理の弟がある提案を。

「俺が義姉さんを身籠らせてあげます」

と言ってきたのだ!
確かに、兄と血液型が同じだとはいえ、兄に子どもが生まれなければ家督相続ができず。
希緒はこの家を追い出されて、夫とは暮らせなくなってしまう・・・!
義理の弟は、希緒を上手く言いくるめて、すっかり言いなりに。
夫公認で、子どもができるまで希緒に中出しするという異様な関係。
愛する夫のため、仕方なく義理の弟に抱かれることになるが・・・・・。

夫にしかカラダを開いてこなかった貞淑な妻が、義理の弟にカラダを許す。
そんなストーリー展開の電子コミックですね。
最初は抵抗があったけれど、弟のねっとりとした愛撫に、体は次第に反応してしまいます。
毎日犯され続けることで、いろんな部分が開発されていく人妻。
乳房をまさぐると、乳首はビンビンに勃起していって。
秘部への刺激を咥えると、体が大きくのけぞるように感じ始めます。
そそり立つ義弟の巨大な肉棒を、希緒の肉壺に思いっきり突っ込んでいく様子は、とっても卑猥ですね。

イカせるのがとても上手な義弟にかかれば、夫しか経験のない人妻なんて、落とすのは簡単♪
もはや義弟のペニスなしでは生きていけないほどに、毎日ヨガりまくってますね。
身持ちの堅い人妻が淫乱になっていく様子は、コミックシーモアでどうぞ!

義弟に奥まで注がれ十月十日
無料お試しはこちらから♪

↓  ↓  ↓


義弟に奥まで注がれ十月十日

 

タグ :                      

NTR 人妻 凌辱 調教 近親相姦

デスクの下で、愛をさけぶは脚フェチにピッタリのエロまんがです


デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり

咲良将司さんの人気スマホエロ漫画『デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり』。
キャラクターデザインがとても上手で、女性キャラがとっても美しく描かれています。
なので、エロシーンもグッとくるようなオトナコミックになっていますね♪

社内では美人と評判だけど、無表情でとっつきにくいOL・四ノ宮綾音。
そんな美人OLにお近づきになるために、同僚の新庄誠はあるイタズラを。
机の下のわずかな隙間から、足で綾音の足をつついてみる。
反応がなかったので、今度は氷で冷やした足で、ローションでぬるぬるの足で。
綾音は無表情を貫き通すのだけど・・・・・。

こんな感じのストーリー展開のスマホコミックになっています。

徹底した脚フェチのエロ漫画になっているのが特徴的ですね。
基本的に脚のみでの絡みがメインになっているため。
セックスシーンはおまけといった位置づけになっているものの。
デスクの下で繰り広げられるドキドキ感がたまりません♪

脚フェチの方には、ぜひ『デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり』をおすすめします!

デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり
フルカラーで読むならこちらから♪

↓  ↓  ↓


デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり

 

タグ :                   

OL ラブコメ 凌辱 巨乳 調教

退魔士カグヤ~襲いかかる淫らな罠が無料立ち読みできる!


退魔士カグヤ~襲いかかる淫らな罠

クリムゾンさんの人気電子漫画『退魔士カグヤ~襲いかかる淫らな罠』。
妖魔に凌辱されていく様子がとっても卑猥で好評です♪

科学では解明できない悪意の存在・妖魔。
これに対抗するために活躍しているのが、退魔士という存在。
川澄カグヤもまた、妖魔討伐を専門とするフリーの退魔士です。
今日も後輩の仁科メルと一緒に、妖魔退治に出かけることに。

魔力が高くて、退魔士としての腕前は一流なカグヤなのですが。
唯一の弱点としては、男性経験が皆無の処女であることが挙げられます。
触手で服の上からおっぱいをまさぐられるだけで感じてしまってますね。
服を脱がされて、直接乳首をペロペロしたり、ちゅぱちゅぱと吸ったり。
やがては下半身にまで触手がにゅるにゅると伸びてきて、膣穴にまで侵入。
太ももやおへそ、お尻にまで触手で舐め回されてしまって、反撃できないという。
いくら魔力が高くても、全身をペロペロされたら、さすがに厳しいですよね(汗)。

妖魔との純粋なバトルに明け暮れていたカグヤにとって、性欲が強い妖魔との戦いは初めて。
そのため、人質を取られて巨乳を揉まれると、どうしようもなく感じてしまっていますね。
おまけに、淫水まで使って体中をまさぐりまくる妖魔たち。
この淫水を塗って触られると、その部分が妙に敏感になってしまうという。
男を知らない処女の敏感な体が、淫水でさらに淫らなものに仕上がっていく。
乳首はもちろん、クリトリスでも、大きくのけぞるようにビクンと大きく痙攣するカグヤ。
妖魔たちに全身を凌辱され、イカされていく様子は圧巻です。

そのほか、電車内で退魔士みんなが犯されまくったり。
診察という名のもとに、敏感なところを開発されていったり。
体の自由を奪われて、淫魔の卵を膣内挿入されたり。

カグヤ以外のナイスバディの女の子が凌辱されるシーンも魅力的ですよ。

退魔士カグヤ~襲いかかる淫らな罠
無料試し読みはこちらから♪

↓  ↓  ↓


退魔士カグヤ~襲いかかる淫らな罠

 

タグ :                 

SF・ファンタジー 凌辱 処女 巨乳 触手 調教